工芸店ようびのウェブサイトから

上の写真は、大阪・曽根崎の「ようび」さんのウェブサイトから拝借したものです。
(工芸店「ようび」ウェブサイト 特集 春色の酒膳
毎日の生活がほんとに豊かになる、そんな素晴らしい作家モノの漆器と食器を扱う工芸店「ようび」。

清左衛門にとっては、撮影用のシンプルで味わい深い食器を探しに伺う「頼みの綱」のようなお店です。
そして、私が「歩く日本文化」と慕っているご主人の真木啓子さんに、知らなかったいろんな「こぼればなし」をうかがうのがとても楽しく、勉強になる場所です。

そもそも、雑誌をはじめとする諸般の情報にウトい私は、この有名店「ようび」のことを知りませんでした。それが、もう10年あまり前になるでしょうか?
鳴り物入りの開店から数年で、さっさと閉店してしまった、新生「心斎橋そごう」
そのこけらおとしのグルメ催事「石原明子の美味散策フェア」に出店させていただいた縁で、母としょっちゅう「心斎橋そごう」に出かけるようになりました。
他の売り場と比べると、何ともつまらない和食器の品揃えの中で、一部分だけが、他とはまったく次元の違う感じの素敵な商品が並んでいたのです。
プライスカードを見ると「ようび」と書いてある。なんだろう、っていう感じではじめて知るようになりました。(私の周囲の人は、たいていご存知でしたけど〜。)

さて、「ようび」さんとのご縁については書きたいことが山ほどあるのですが、それはまたのことにして、今回は清左衛門、ちょっと鼻た〜か高のお知らせ。

なんと、その素敵な「ようび」のウェブサイトで、清左衛門を紹介していただきました〜。
そして、身にあまるコメントをいただいて、気持ちが引き締まりました。ありがとうございます!

さて、上の写真の5つのなかに、大阪の大老舗の品物が三つ、清左衛門のが二つ
清左衛門の品物はどれでしょう?
解答は「ようび」のウェブサイトで。(アドレスを登録すると、素敵な器の特集ブログ更新のお知らせが届きます。)

工芸店「ようび」ウェブサイト
特集 春色の酒膳

写真のとっても清々しいグリーンのグラデーションのガラス食器は、中村孝子さんの作品。
清左衛門にも、同じ作家の作品が、少しだけあります。
どれも、お洒落で個性で美しい作品です。

中村孝子作器

中村孝子作器

中村孝子作器

器にぴったりのメニューを考えるのが楽しみです。
乞うご期待です!

雑記最新記事
2017.04.23
季節ハズレの感じが否めないので誠に申し訳…
小かぶと柚子の和風ピクルス
2017.04.02
池田の「タツタジャム」さんをご紹介します…
柚子のマーマレード
2017.03.21
上の写真は、大阪・曽根崎の「ようび」さん…
yobiweb
本物の味 無添加純正食品 清左衛門の通販
清左衛門の評判記~お手紙・お声・メディア~
無添加純正 清左衛門
〒663-8175 兵庫県西宮市甲子園五番町15-16
電話:0798-49-8898 / FAX:0798-49-5556
甲子園けやき散歩道(旧国道)沿 アクセス