魔法のレストラン

毎日放送の、人気番組「魔法のレストラン」で、美容家の佐伯チズ先生が、清左衛門の「鮭茶漬」を紹介してくださいました!
今回の企画は、日本を代表する美容家の佐伯先生とIKKOさんの、普段のお食事に密着するというもの。

男性はご存じないかもしれませんが、70歳を超えての佐伯先生の、あのキメの細かい真っ白なお肌は、女の子たちには憧れですよね、本当に。

佐伯チズ先生の本

佐伯チズ

IKKOさんも素敵だけど、今回は、佐伯先生中心にご紹介。

まずは、朝ごはん。

佐伯チズさんの朝ごはん

ほとんどくだものづくしだそうです。
生の野菜、くだものが、お肌にいいのは、絶対です。(私の実感!)
しっとりしたキメの細かいお肌になりますよ〜。(でも、冬には寒すぎる〜!)

佐伯先生の、召し上がるくだものは、季節によって変わるそうですが、通年、トマトは召し上がるそうです。
塩は肌の「くすみ」の原因になるから、トマトには鰹節をかけて召し上がるそうな‥。
(塩が御法度だったら、清左衛門の鮭は本当に紹介していただけるかしら、若干、不安になりました‥。)

佐伯チズお取り寄せ

佐伯先生は、美肌のためには、化粧品よりも食事と断言。お取り寄せマニアを自負されています。
きちんと整理されたお取り寄せファイルは、ざっと拝見しただけでも優に10冊はあるでしょう!

佐伯チズ先生のお取り寄せ

な、な、なんと、まずは

清左衛門 鮭茶漬

清左衛門の鮭茶漬。

佐伯チズさんの昼食

お昼は、茶粥が定番。瓶詰めが大活躍だそうです。
なんでも、初めて、清左衛門の鮭茶漬を召し上がった時に、『あ〜これ、昔これ食べてた〜、って懐かしくなって‥』とおっしゃる佐伯先生。
実は、清左衛門の鮭茶漬が販売されてから、一番初めに、メディア(雑誌)に紹介してくださったのは、佐伯先生だったんです。
鮭茶漬のデビュー当時、ほとんど、誰も知らない時に、ご存じだったということに今更ながらに驚きます。

佐伯チズ、さゆり意気投合

茶粥に入れた鮭を一口食べるさゆりさんに「ほど良いでしょう、塩分が‥」という先生。
「なんか〜、昔、お母さんが焼いてくれてた鮭ですね〜。」と手を取り合うお二人。

私も、トマトに塩はかけませんが、辛口の鮭を一口というのは大好きです。

岸澤屋の黒豆

こちらは、大阪、岸澤屋さんの黒豆。
私も、その昔、初めていただいた時、すご〜く美味しいって感激しました。
そして、清左衛門が黒豆を始める時には、はるかなる目標!みたいなかんじでした。
(結局、お味の傾向はすっかり違うものになりましたが、あの感動がなかったら、今の黒豆のレベルにはならなかったと思います。)
お肌のために、黒豆を1日に2〜3粒食べてと、おっしゃってました。(私は2〜3粒ではおさまりませんけど。)

牛すじ丼

そして、夜は、ご自分でおつくりになる牛すじ丼。
または手羽先のお料理。どちらもコラーゲンたっぷり!
何も、高いフカヒレ使わなくっていいのよ、って感じでした。

佐伯先生、いつもありがとうございます!
美肌への挑戦、真似して、頑張りま〜す!

雑記最新記事

2018.11.08
雑誌ネタ続きです。 「清左衛門のおにぎり」…
手土産を買いに
2018.11.01
メディアでご紹介頂くたびに、きちんと記録…
和楽表紙
2018.10.28
一年一度の人間ドックに行き始めてから、数…
結果報告書
  • 〒663-8175
    兵庫県西宮市甲子園五番町15-16
  • 電話:0798-49-8898
  • FAX:0798-49-5556
  • 甲子園けやき散歩道(旧国道)沿
  • アクセス
店舗 外観