冷やし茶漬

いやんなっちゃうほど暑いとき、絶対おすすめの、清左衛門のシンプルな夏のご馳走、「冷たい贅沢茶漬」をご紹介します。

暑い季節の冷たいお茶漬け「水飯」は、『源氏物語』でかの光源氏も楽しんでいたとか‥。古くからの風情ある日本の夏のご馳走なんだそうです。(いつもお洒落な和食器を探しに行く大阪「工芸店ようび」のご主人、真木啓子さんに教えて頂きました。美しくてカッコいい「歩く日本文化」のような方です!)
和食器の愉しみ 工芸店ようび

たきたてご飯

まずは、ご飯を美味しく炊き上げ、

ご飯のヌメリをとる

流水でご飯の粗熱とヌメリをとって、

ヌメリをとったご飯

ざるで水を切っておきます。
(お洒落なザル、すだれは、「ようび」で見つけました。ふふ。)
和食器の愉しみ 工芸店ようび

水出し煎茶

煎茶を水出しして、キンキンに冷やしておくのがおすすめ。濃いめに出して、ロックアイスを入れるのもナイスです。
目にも涼やかなので、一応、煎茶の水出しをおすすめしていますが、お茶の種類はお好みで‥。

ヴィッテルちなみに、ミネラルウォーターも美味しいです。
食通としても有名な音楽評論家の小倉エージさんは、もうずいぶん前になりますが、真夏に贅沢茶漬を紹介する雑誌記事執筆のため、各種のお茶や水を用意し実験した結果、「お茶よりも、水! しかもミネラルウォーターの『ヴィッテル』に限ります。あのちょっとヌメリのある感じがキメテです。」とおっしゃっています。

修行が足りず、私には、水の違いまでは、わかりませんが‥。
とにかく、キンキーンに冷やすことがポイントです。味が全く変わります。

刻み贅沢茶漬

贅沢茶漬の具、穴子、ちりめん、昆布、ゴボウは、ざくざくにカットするのがとりあえず、おすすめ。
前出小倉エージさんは、5ミリくらいに刻むそうです。
ただし、大きいまま派の方も結構いらっしゃいます。
身近なところでは、既出の豆腐マイスター小野哲郎さんは、大きいまま派。「清左衛門の穴子は噛む!っていう感じがいい。」って。

★小野哲郎さん関連記事
天下のざる豆腐「なごり雪」GETです!
芸術的なお豆腐、届きました!

どちらにしても、冷蔵庫から出したての穴子は、固くしまってますので、かならず室温にもどしてからお召し上がり下さい。
冷たいお茶漬けに限らず、贅沢茶漬を召し上がる時は、是非、室温にもどしてからお楽しみ下さい!

ご飯

ご飯はこのくらいかしら?
少なめにして、お茶をたっぷり、何回もお変わりするのがおすすめです!

贅沢茶漬冷やし茶漬

贅沢茶漬冷やし茶漬

さらさら、サラサラ、何杯でもいけます!
美味しいですよ〜!

雑記最新記事

2019.08.14
  夏期限定、水茄子と茗荷の和風ピクル…
水なすと茗荷の和風ピクルス
2019.08.05
  今回の改装の大物立役者! 前のショ…
冷蔵ショーケース
2019.07.28
あまから手帖の表紙に、Seizaemonのピクルス…
あまから手帖
  • 〒663-8175
    兵庫県西宮市甲子園五番町15-16
  • 電話:0798-49-8898
  • FAX:0798-49-5556
  • 甲子園けやき散歩道(旧国道)沿
  • アクセス
店舗 外観